typo on Ruby on Ralis on xrea

xrea にて、typo をインストールする簡単なメモ。(2006年9月現在)

typo っちうやつはですねー。Ruby on Rails(RoR) っちう webフレームワーク を使って作られた オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby で書かれた blogツールなんですな。

今回は RubyGems と Rails を特にインストールすることなく、DB には MySQL を使って、自分のドメイン以下のディレクトリに (ここでは http://www.252523.net/typo/ 以下に) インストールすることを仮定。(ちうか、実際にそうしてみる)

  1. まず、自分のxreaサーバの環境をチェック。 (今、調べてわかったけど、自分の使ってるサーバのMySQL がバージョン3なんだけど…知らんかった) xrea の ruby は 1.84 以上なんで大丈夫でせう。

  2. んで、typo の current をダウンロードといきたいところだけど、アーカイブ配布はないみたい(stable はある)なので、以下の URL から subversion 経由で typo ディレクトリにゲット。railsも入ってるみたい。

  3. データベースを作成。DBスキーマは db/schema.*.sql にあり、自分の使用しているデータベースのものを使用。 phpMyAdmin などから サラサラッとSQL文を実行するのがグー。

  4. public/.htaccess の26行目あたりを編集。呼びだす CGI ファイルが FastCGI のファイルになっているので dispatch.fcgi → dispatch.cgi に書き直す。

  5. データベース接続の設定ファイル config/database.yml.example を以下のやうに必要な設定をして database.yml にリネーム。

  6. 川o・-・)<2nd life – xrea + rails + mysql + typo さんによる必要ファイルをゲッツする。 base64.rb(MIME Base64のデコード/エンコード) -> lib/base64.rb redcloth.rb(Textile) -> lib/red_cloth.rb

  7. typoディレクトリを ftpにて public_html ディレクトリの一つ上のディレクトリへアップロード(public_html 以下に置いちゃダメ。セキュアじゃなくなっちゃう)。

  8. typo の public ディレクトリへ、公開する場所からシンボリックリンクを張る。 xrea では SSHがちょっと使えるみたいなので以下のように張ってみる。

    SSH わかんねー人は 川o・-・)<2nd life – xrea + rails + mysql + typo を参考にするとグー。

  9. ほんでもって http://www.252523.net/typo/ へアクセスしてみる。なんか動いてるみたいなのでハッピー、となる。 ね?出来てるでしょ?

以上は subversion と SSH を使う方法なので、人によっては難易度が高い場合もありましょうが、まぁ、その、ん~と、なんとか出来ると思います。 最初は、結構大変かも?と思ってたけど、動かすとこまでは、そこそこすんなりいっちゃった。

しかしまぁ、Apache の cgi で動作するんで、パホーマンスはよろしくないかも。自分の使っているサーバは、ちょい遅めなので、サーバによるのかな? 速いサーバ環境がある方、FastCGI とか lighthttpd が使える環境があればオススメね。

[追記] あきまへんな…、遅いうえに エラー出ちゃう。まぁ、xreaだと実用性ありまへんな。[追記]


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *