Category Archives: www

typo on Ruby on Ralis on xrea

xrea にて、typo をインストールする簡単なメモ。(2006年9月現在)

typo っちうやつはですねー。Ruby on Rails(RoR) っちう webフレームワーク を使って作られた オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby で書かれた blogツールなんですな。

今回は RubyGems と Rails を特にインストールすることなく、DB には MySQL を使って、自分のドメイン以下のディレクトリに (ここでは http://www.252523.net/typo/ 以下に) インストールすることを仮定。(ちうか、実際にそうしてみる)

  1. まず、自分のxreaサーバの環境をチェック。 (今、調べてわかったけど、自分の使ってるサーバのMySQL がバージョン3なんだけど…知らんかった) xrea の ruby は 1.84 以上なんで大丈夫でせう。

  2. んで、typo の current をダウンロードといきたいところだけど、アーカイブ配布はないみたい(stable はある)なので、以下の URL から subversion 経由で typo ディレクトリにゲット。railsも入ってるみたい。

  3. データベースを作成。DBスキーマは db/schema.*.sql にあり、自分の使用しているデータベースのものを使用。 phpMyAdmin などから サラサラッとSQL文を実行するのがグー。

  4. public/.htaccess の26行目あたりを編集。呼びだす CGI ファイルが FastCGI のファイルになっているので dispatch.fcgi → dispatch.cgi に書き直す。

  5. データベース接続の設定ファイル config/database.yml.example を以下のやうに必要な設定をして database.yml にリネーム。

  6. 川o・-・)<2nd life – xrea + rails + mysql + typo さんによる必要ファイルをゲッツする。 base64.rb(MIME Base64のデコード/エンコード) -> lib/base64.rb redcloth.rb(Textile) -> lib/red_cloth.rb

  7. typoディレクトリを ftpにて public_html ディレクトリの一つ上のディレクトリへアップロード(public_html 以下に置いちゃダメ。セキュアじゃなくなっちゃう)。

  8. typo の public ディレクトリへ、公開する場所からシンボリックリンクを張る。 xrea では SSHがちょっと使えるみたいなので以下のように張ってみる。

    SSH わかんねー人は 川o・-・)<2nd life – xrea + rails + mysql + typo を参考にするとグー。

  9. ほんでもって http://www.252523.net/typo/ へアクセスしてみる。なんか動いてるみたいなのでハッピー、となる。 ね?出来てるでしょ?

以上は subversion と SSH を使う方法なので、人によっては難易度が高い場合もありましょうが、まぁ、その、ん~と、なんとか出来ると思います。 最初は、結構大変かも?と思ってたけど、動かすとこまでは、そこそこすんなりいっちゃった。

しかしまぁ、Apache の cgi で動作するんで、パホーマンスはよろしくないかも。自分の使っているサーバは、ちょい遅めなので、サーバによるのかな? 速いサーバ環境がある方、FastCGI とか lighthttpd が使える環境があればオススメね。

[追記] あきまへんな…、遅いうえに エラー出ちゃう。まぁ、xreaだと実用性ありまへんな。[追記]

FrenchMaid TV

おフランス(?)からの贈り物。FrenchMaid TV が配信している PodCast のムービーがよく出来てて感心。最初はポルノ系の動画なのかなと思い、ちょっぴり期待してたら、How to もののようだけど、短編映画みたいで意味もわからず「オッサレ~」と。

iTunes に登録しても ‘explicit(性的表現が露骨な)’ の表示がなかったんで、やっぱりポルノじゃないとは思いつつも。妙に色気ムンムン+陽気なので、こんなエンターテイメントも全然アリだよね、と思う始末。 今のところ、”video podcast の作り方” と “CPR(心肺機能蘇生) の方法” を配信ちゅう。 携帯電話とかの説明書のかわりに、こんなムービーがあればなぁ…。どんな詳しくわかりやすい説明書があっても、やっぱりこっちかな。 そりゃあね、説明書で “次にメニューから選択して…” とか読むよりも、可愛い女の子に “それぢゃぁね、次はメニューってとこを押してぇ。そうそう。うん、選択ね…” と言ってもらうほうが、格段にユーザーフレンドリーかも?

このムービーみたいな作りなら、2時間くらいは耐えられるハズだし。楽しく学習すると言うことの、(大人向けの)原点ではないかと思うのであります。

個人的には、夏目ナナさん、または、立花里子さん希望。

SoloSub にしちゃお

このブログの feed を feedburner でまとめていたんだけれど、最近ご機嫌ナナメみたい。と言っても feedburner でなくて wordpress の feed のほうなんだけど。 FEED Validator でチェックすると、wordpress の直アドレスで指定してもエラーを吐いてくれる。内容はこのとうり

調べると時間がかかりそうな気がするから放っておくとして、Bloglines とかでは読めるから、まぁいいかと思ってるけど。

そのときRSSリーダーで引掛った Ck2 Bloggerさん とこに、以前見た覚えがある Solosub のボタンが… (僕の作ったボタンかも…?) 以前に、Solosub を知ったときに、 “ボタン作ったらおしえてね” とトップに書いてあったので、 “練習で作ったものです、ボタン画像を選べるようになるといいですね。” と言葉を添えてボタンのURLを送ったら、 “サンキュー、グレートだぜ” と返ってきた。まぁ、慣用句のようなものと思っていたんだけど、本当に使ってくれるとは思わなんだ。シンプルなんでよかったのかな? しかしまあ、世界は広いような狭いような。どっちものようであり、どっちでもないようであり、 “ありをりはべりいまそかり” と懐しいフレーズも出てきますな。

んで、このブログの feed では feedburner のフレンドリーブラウザの機能が使えなくなっちゃったので、Solosubが役に立つってわけです。メジャーなリーダーには対応してますので、これ一つでイケちゃいます。Solosub については簡単に説明するとなると一言「いろんなRSSリーダーに登録できちゃう」と表現いたしておきましょうか。シンプルなので、どう説明すればいいのかわかりません。あ、いや、こっち読んだほうが早いですね 百式 – たくさんのボタン、一つのボタン (Solosub.com)

おトイレBBS

おトイレBBS 画像は品川バスセンターのトイレ落書き。

世の中にはいろんなBBSがある。web上のBBSは手軽に書き込める反面、それが仇になって魂のシャウトは現れにくい。 ローカルな世界のBBSには、駅の掲示板や、雑誌の投稿などがあるけど、使えるかと言うとそうでもなかったりする。 ところが、神聖なるトイレの書き込みには強力に訴える力がある。ボックスの扉を開き、チョコンと便座に腰掛けて焦点をドアに合わせると、並々ならぬ人々の叫びが目に入ることがある。

webやぎの目 内のコンテンツ 東京らくがきツアーズ はそんな魂のブルースなソウルフル的はパッションを集めたサイト。

一番よく目にするシャウトは性に関するもので「~~命」「~~愛してる!」など。これは若者特有の病氣、いわゆる “恋の病” に由来するものがほとんどだろうと思う。感情をコントロールできず、ただ想いを神聖なるトイレにつらつらと書き連らねてゆくその姿。あぁ、哀しきかな。 でも見てると、妙に元気づけられてるような気もします。

らくがきサイトを見ていて、自分がまだ出会っていない魂の叫びがたくさんあるなぁと。

ちなみに 北習志野の落書き からリンクされている “トイレ君” には、あまりの素敵さに感動し、トイレ君と友達になりたいとさえ思いました。

トイレという男女が強制的に別れて、同じ便器を使用する “仲間” に何かを打ち明けるという、ある意味システマティックなBBSに、ちょっとドキドキ。何か映画とかにでもなったら面白そう。

掲示板システムに、こんな閉鎖チックなインターフェイスがあると面白いと思いましたので、誰か作ってみておくれ。

blosxom に水をあげましょ~

さて、blosxom がraelさんの手から離れました。しばらくと言うより、ずっと動きがなかったので実質は離れていたのではないかと想像してしまいます。

blosxomは半年ほど使ってみて、その後WordPressを使うようになったのですが。乗り換えた理由も使い勝手やサーバの負荷を考えただけのことで、blogツールというか、webツールとしては大好きなままです。

ちょっと時代遅れ気味に映る blosxom の何が素晴しいかと言えば、そのシンプルさかもしれないけども、僕はツール自体の名前 “blosxom” に魅力を感じたままなんでして。 有名なblogツールを挙げてみれば、 “Movable Type”, “WordPress” あたりが勢力を持っていると思うんだけども、名前を見てみれば意味のかなうもので当然と言えば当然だけど。 “blosxom” の名前の意味は?と聞かれれば “blossom” または “blog-some” と洒落のように答えるしかないんだけども、やはりユニークで、webに花が咲くのはよろしいこと。 お花と言えば「花を見に行こうぜ、写真でも撮ろうぜ、花見でもしようぜ」と何だか嬉しくなるもの。風姿花伝ではないけども、花にたとえると、ちょっとドキドキ。

いわゆる「テーマ」や「テンプレート」を「フレーバー “flavo(u)r”」と呼ぶなんてのも、う~ん、オ・サ・レ!

そう言えば、blosxomから派生したツールもちょくちょく見かける。rubyで書かれた “lily” 、Javaで書かれた “blojsom” 、pythonで書かれた “PyBlosxom” 、phpでの “Blosxom.PHP” 、モジュール化された “Modblosxom” 。他にもあるかな? これだけ派生してるということは、作り手をそれだけ刺激してるからなのか?まあ、単純なシステムが好まれたからかもしれないけど、それだけじゃないような…気もするのですね。

投げ出されようが棄てられようが、今後もblosxom loveは変わりません おへそのキレイな Ck2 Blogger さんの記事より

このように「我が巨人軍は永遠に…」よろしくの blosxom lover も少なからずでしょう。自分もWordPressに乗り換えたけど、blosxomのほうは、なかなかサーバから消せなくて。 とりあえず、blosxom 巣立ちの時、ってことで。