p in blockquote のバグを斬る

blockquote要素内にp要素をネストさせると、後ろに続く要素が左にめり込むバグなんてのがありまして。最初はタグのネストに失敗してるのかと思いましたが、特に問題はなく。おかしいと思い、ネットを調べてました。あ、IEでのバグのことです。

最初は日本語で検索すると、nomadismさんの blockquote内のpについてのバグ のfixを試してみましたが、blockquoteに幅指定では、リキッドなスタイルが出来ないので悩むこと2分。

そこで、海を越えてみるとありました。 一番簡単に解説してくれてるのが、A day in the life of a Middle Manager… さんの Yet another bug! でしょうか。要は blockquote要素 に border-bottom を指定すればよろし、と言うこと。

Position Is EverythingMagik Creeping Text にIEのブロック要素がらみのバグが載っていて、詳しく読むのも面倒なんでアレですが。ブロック要素のネストで起こるバグと同じ原因なのかなぁ?と想像する次第です。

しかし、Magik Creeping Text なんて洒落た名前をつけるもんです。こんなのがあればこそ、バッドノウハウも洒落た気分で修理できるものです。ワンライナー・フィックスは素敵です。ありがたや。


One thought on “p in blockquote のバグを斬る

  1. Pingback: Blockquoteの内にP要素などが入ってると以後の要素が左にずれるバグ at おもしろ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *