えいごコンプレックス

中高と6年間も英語を勉強したのに、なんで英語を話せないのか?

以前、ブラジルを訪れた際。時々ちょっと買い物に出てみたけども、ポルトガル語での表現が難しい場合に “English OK?” と尋ねると、若いブラジル人はほとんど英語を話せていた。とても助かったけど、自分と同年代や下の年代のブラジル人は、かなり流暢に英語を使えていたので驚いた。 これが、僕の最初の英語コンプレックス。

実際、その国へ行ってみれば、ちょっとしたガイドブックと bodylanguage でかなり通用するけども。 インターネットのようにテキストベースの世界ではそうもいかない。 自分が外国語に怠惰なのももちろんだけど、日本は外国語の教育がまだまだなのかなと。

それからしばらく、自分の環境を英語圏にセットして、ネットも基本的には海外のサイト、ラジオも海外のネットラジオかアメリカの軍事放送。慣れという点では、ちょっとレヴェルアップしたかなと思うけども、わからないことは後にする癖は抜けず、知らない単語も調べないでなんとなく解釈。

そうこうして今に至るのだけど。blogでテンプレートとか公開してみると、英語でのコメントや英語のメールとかもチラホラと。英語ってのは見たり聞いたりするより、書いたり話したりするほうが数億倍ムズい。 一通の英語のメールに返信するのも1~2時間かけてますが、ヘタに足を突込んだりするもんではないです。。。オーバーヒートは避けられないです。くそ~コンプレックスめ。

もう一つの英語コンプレックスは、男性諸君ならお馴染のアダルトサイト。これも日本だとアフィリエイトだらけなので、最近はエッチな英語ブログがあったら、とりあえず読んでみようとするのだけど… 多分すごいエッチなこと書いてるんだろうな~と思いつつ。一つでもスラングが入ってくるとストップ。これは非常に悔やしいことです。理解しようとはしてるんだけども、結局理解できず。”おあずけ” くらってるみたいで本当に空しい。

と言うわけで、若者には(男子は特に)外国語を身に付けていって欲しい。学校の勉強とは別に “身につく外国語” を勉強するといいかも。そして、僕のような英語に泣く人間が一人でも減るといいなぁ。

でもまあ、自分はネイティブな日本語スピーカーだと思って、まだ捨てたもんじゃないと思うように心がけてます。


3 thoughts on “えいごコンプレックス

  1. タキタ

    こういう、役に立つサイトは、貴重だと思います。 がんばってくださいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *